【弁護士監修】Youtubeの著作権・肖像権まるわかりサイト
【弁護士監修】Youtubeの著作権・肖像権まるわかりサイト » 弁護士が教える、「こんなときどうする?」Youtube投稿者の権利と収益を守る著作権・肖像権 » 自分のアップロードした動画が無断転載されている

自分のアップロードした動画が無断転載されている

【当サイト監修】尽心法律特許事務所 堀尾純矢 弁護士(静岡弁護士会所属)

YouTubeにアップロードしていた動画が無断転載されたらどうする?

ビデオカメラ

自分の作成・投稿した動画コンテンツを無断転載されてしまうと、本来自分のチャンネルで視聴者が動画を再生し発生していたはずの収益が得られなくなる可能性があります。

YouTubeに動画を投稿する活動を通して収益を得ている投稿者からすると、このような行為をされてしまうと死活問題となってしまうため、適切に対応をして自らの権利を守らなければいけません

ここでは、どんな場合に著作権の侵害に該当するのか、そしてどのように対応すべきなのかを解説します。

著作権の侵害に該当する基準

弁護士

他人の動画コンテンツを無断転載し投稿する行為は、YouTubeの規約違反だけではなく著作権の侵害にも該当します。

クリエイターが作成・投稿した動画も著作物であり、著作権者には複製権があるため、私的利用や引用などの例外を除いて、他人が動画を無断で複製(コピー)することはできません。

また、そのままコピーという形でなくても意図的に編集・改ざんされ、クリエイターの意に反する形で再投稿された場合には同一性保持権の侵害に該当する可能性もあります。

このケースにおける法的責任

民事上の請求としては、

が考えられます。

また、被害者が告訴することにより刑事上の法的責任としては、

を求められる可能性があります。

弁護士からのアドバイス

弁護士 堀尾先生
堀尾先生
無断転載された事実を客観的に証明できる必要があります

YouTube動画の転載により被る被害としては、意図せぬ形での動画の流用や広告収入の減少などが考えられます。

特段の被害が無い場合には無断転載されている動画を削除させるよう対応すれば良いですが、何らかの被害を被っている場合には法的措置の検討も可能です。

その場合には無断転載された事実を客観的に証明できる必要があるため、該当するURLやスクリーンショット等、何らかの証拠を残した上で弁護士に相談するようにしましょう。

無断転載への対処方法

パソコン

自分の動画が無断で転載された際、何らかの対応を取らなければ転載された動画の削除はされません。 そうなると現在被っている被害が続くと共に、動画投稿者にとっては今後更なる不利益が発生する可能性もあります。

自分の動画が無断転載された場合の対処法について、いくつか紹介します。

無断転載動画の探し方

YouTube検索や視聴者からのコメントで無断転載動画を知る以外の方法として、YouTubeには「コピーライトマッチツール」というシステムがあり、これはYouTube上にある動画の中から自分のものと完全に一致する、または非常に似ている動画を自動的に検出するツールです。

YouTube Studioにログインしメニューバーにある「著作権」の項目から、自分の投稿動画に該当するものがあるかどうかを確認することができます。

YouTubeの申請フォームから
削除依頼をする

YouTubeでは規約違反の動画を報告することが出来ます。 動画にある『・・・』のボタンから「報告」を選択し、「権利の侵害」をチェックし必要な項目を入力の上進めて行くと、動画の削除依頼をすることができます。

通算で3回以上削除依頼が出された場合、悪質なチャンネルとしてアカウント停止処分になりますので、今後の被害を防ぐためにもまずは報告の対応をおすすめします。

法的措置の対応

取り得る法的措置としては前述の通りですが、具体的にはアップロードしている転載動画を削除させる差止請求や、本来得られていたはずの利益を損害として請求する損害賠償請求ができる可能性があります。

また、意図せぬ形で動画を流用され、視聴者から誤解を招くような状況となった場合には謝罪広告等の名誉回復のための措置も請求ができる可能性があります。

通報しても削除されない・改善されないような悪質なケースであれば、刑事告訴も併せて検討してみてはいかがでしょうか。

参照元:文化庁:著作者の権利の内容について | 文化庁 (bunka.go.jp)(https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/kenrinaiyo.html

参照元:著作権情報センター:著作物を無断で使うと? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC(https://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime8.html

静岡弁護士会所属
【当サイト監修】IT弁護士 堀尾 純矢 先生

インターネット関連の訴訟や個人情報の開示請求へ取り組む弁護士として有名。
インターネット上での著作権や肖像権、誹謗中傷などへ力を入れて対応。YoutubeやSNSでの訴訟にも詳しく、他弁護士事務所から相談や依頼者の紹介を受けている。
新しい分野の訴訟問題のため、誰でも気軽に相談ができるよう、LINEによる相談受付を行うなど、その親しみやすさからも支持を集めている。

堀尾先生が所属する
尽心法律特許事務所HP

堀尾先生に著作権について
LINE相談をする

堀尾先生に著作権について
電話で問い合わせる