【弁護士監修】Youtubeの著作権・肖像権まるわかりサイト
【弁護士監修】Youtubeの著作権・肖像権まるわかりサイト » 弁護士が教える、「こんなときどうする?」Youtube投稿者の権利と収益を守る著作権・肖像権 » 著作権者以外から著作権侵害の申請を受けた

著作権者以外から著作権侵害の申請を受けた

【当サイト監修】尽心法律特許事務所 堀尾純矢 弁護士(静岡弁護士会所属)

著作権侵害の申請を受けたが、著作権者本人からではなかった!
こんな時どうする?

嘘

YouTubeでは動画ページから簡単に違反動画の報告が出来ますが、著作権侵害の申し立ては基本的には本人あるいは正式な代理人以外行うことができません。

しかし近年、他の機能を使って第三者が著作権侵害の申請を行うという事例が起こっています。

ここではどのようにして第三者が申請を行うのか、その場合どのように対応すべきかを解説します。

YouTubeの著作権管理「Content ID」

YouTubeでは自分の著作物を登録すると、著作権が侵害されているかどうかを確認してくれる「Content ID」という機能があります。

これは権利者以外の第三者が他人の著作物を含む動画コンテンツをアップロードした際に、動画の停止や収益の分配を求めることができる機能です。

これは本来著作権者を保護するための機能ですが、近年ではこれを悪用する事例が発生しています。

「Content ID」を悪用した著作権侵害詐欺

ネット詐欺

Content IDによる権利侵害の申し立てはどの著作権者が行っているのか確認することが可能です。

過去にあった事例としては、

ということがあるようで、これらは「著作権侵害詐欺」と呼ばれています。

このケースにおける法的責任

もし自分の投稿した動画が他人の著作権を侵害しており、著作権者から申し立てを受けた場合には投稿者である自分で責任を負う必要があります

しかし自らは著作権を侵害しておらず、無関係な第三者から虚偽の申請を受けた場合には虚偽の申請によって第三者が得た不当利得の返還請求や損害賠償請求を行える可能性があります。

ただし、実態としては海外の会社などを利用して虚偽申請を行われることがあり、申請者の特定が困難な場合が多いようです。

弁護士からのアドバイス

弁護士 堀尾先生
堀尾先生
事実関係を確認の上速やかな対応が必要です

虚偽の申請により本来自分に入るはずの広告収入が第三者に流れていくという状況は、YouTuberとして活動している動画投稿者にとっては死活問題です。

もしこのような被害を被った際には事実関係を確認の上速やかな対応が必要になります。

「本来得られていたはずの収益を、訴訟により取り返したい」「虚偽の申請により活動が出来ないなどの損害を被った」と思われる方については、ぜひ一度弁護士にご相談下さい。

申請を受けた場合に取るべき対応

PCとスマホ

実際に前述のような形で著作権侵害の申し立てを受けた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。

もちろん全ての申し立てが虚偽だという話ではないので、まずは該当する動画が本当に権利侵害をしているのか、そしてその申し立ては誰から来ているのかを確認した上で、速やかにそれぞれの対応をする必要があります。

実際に著作権侵害を起こしていた場合

権利侵害の申し立てが正式なもので、実際の著作権者から受けていた場合には求められる通りの対応を行いましょう。

削除を要請される場合もあれば、収益折半の条件などで公開を認められるケースもあるため、要請に応じた対応を取るようにしましょう。

しかし「後から認められたので大丈夫」という感覚ではなく、他人の著作物を使用する場合には、必ず事前に許諾を受けてから使用するようにしましょう。

虚偽の申請を受けた場合

Content IDの機能により著作権侵害の申し立てを受けたものの、該当する動画が他人の著作権侵害をしておらず、かつ申請者も全く無関係な第三者であった場合は必ず異議申し立てをしましょう。

反応をしないまま放置していると、第三者の権利主張が認められ広告収益を奪われてしまう可能性があります。

また、全く他人の著作物を使用していないオリジナルの動画であったとしてもこのような被害に遭うことはあるようですので、申し立てを受けた際には落ち着いて内容や著作権者名をインターネットで検索するなど、確認を行うようにしましょう。

参照元:セキュリティ通信:Youtubeで増えている「著作権侵害詐欺」とは?|セキュリティ通信 (so-net.ne.jp)(https://securitynews.so-net.ne.jp/topics/sec_20071.html

参照元:YouTubeヘルプ:Content ID の申し立てとは - YouTube ヘルプ (google.com)(https://support.google.com/youtube/answer/6013276

静岡弁護士会所属
【当サイト監修】IT弁護士 堀尾 純矢 先生

インターネット関連の訴訟や個人情報の開示請求へ取り組む弁護士として有名。
インターネット上での著作権や肖像権、誹謗中傷などへ力を入れて対応。YoutubeやSNSでの訴訟にも詳しく、他弁護士事務所から相談や依頼者の紹介を受けている。
新しい分野の訴訟問題のため、誰でも気軽に相談ができるよう、LINEによる相談受付を行うなど、その親しみやすさからも支持を集めている。

堀尾先生が所属する
尽心法律特許事務所HP

堀尾先生に著作権について
LINE相談をする

堀尾先生に著作権について
電話で問い合わせる