【弁護士監修】Youtubeの著作権・肖像権まるわかりサイト
【弁護士監修】Youtubeの著作権・肖像権まるわかりサイト » 弁護士が教える、Youtubeの動画で自分の権利を侵害されたケースの対処法 » 著作物が無断で使用されている動画を削除・賠償請求したい

著作物が無断で使用されている動画を削除・賠償請求したい

【当サイト監修】尽心法律特許事務所 堀尾純矢 弁護士(静岡弁護士会所属)

著作物が勝手に利用されている!
削除・賠償請求するには?

無断利用

自分の描いたイラストや演奏・製作した楽曲をインターネット上に公開している方は多いのではないでしょうか。

インターネット上では比較的誰でも自由にコンテンツのアップロードやダウンロードができるため、権利侵害となっているケースはなかなか無くなりません。YouTubeも例外ではなく、他人の著作物を利用した動画がアップロードされているケースも多数見受けられます。

ここでは、あなたの著作物が勝手に利用された動画を発見した場合、どのように対応すればよいのかを解説します。

著作権の侵害に該当する基準

ヘッドホン

YouTubeの動画投稿において著作者の許諾を受けずに他人の著作物を利用すると、著作権の侵害に該当します。また、利用の許諾を得ていても利用規約などを守っていない場合も、正当な利用方法ではないと判断できるため同様です。

ただし、引用としてや時事の事件報道のために正当な範囲内において利用する場合は著作権侵害とは認められない可能性もあります。

このケースにおける法的責任

民事上の請求としては、以下の4つが考えられます。

また、告訴による刑事上の法的責任としては、以下を求めることができるでしょう。

弁護士からのアドバイス

弁護士 堀尾先生
堀尾先生
今後自分が得ようと思っていた収益を奪われるのが問題です

著作権侵害の問題はインターネット上で根強く残る問題のひとつです。

自分が時間と手間をかけて製作した著作物を動画投稿などで無断利用されてしまうと、今後自分が得ようと思っていた収益を奪われる形になります。また、意図せぬ利用により間違った形で自分の創作・表現を世に広げられてしまう可能性も危惧されます。

著作権の侵害は他人の著作物を無断利用するだけではありません。他者の著作物であるキャラクターのイラストなどは、自分が描いたものであっても二次創作にあたり、そもそも著作権を侵害している可能性もあります。

二次創作物を動画内で利用する際も、自らの創作物が著作権を侵害していないかに注意が必要です。

無断利用への対処方法

罰金

自分の著作物が無断でYouTube動画に含まれアップロードされた場合、どのように対応すればよいでしょうか。削除申請を出す場合と、さらに一歩踏み込んで法的措置を検討する場合について紹介します。

削除申請を出す場合

削除申請を出したいときは、プラットフォームを管理しているYouTubeに対して申請しましょう。

動画にある『・・・』のボタンから「報告」を選択し、「権利の侵害」をチェックし必要な項目を入力していくと、動画の削除依頼が完了します。通算で3回以上削除依頼が出された動画は悪質なチャンネルとしてアカウント停止処分になります。今後の被害を防ぐためにもまずは報告の対応をしましょう

法的措置を取る場合

無断利用が悪質な場合は法的措置の検討も可能です。可能な対応としては刑事告訴と民事訴訟があり、民事の場合は侵害行為の差止請求や損害賠償請求などが考えられます。

しかし損害賠償請求については実際に発生した損害に基づいて賠償を請求するため、「著作権の侵害により社会的信用が害され損害が発生した」「有料で配信しているのでその分の収益が損なわれた」などの根拠が必要です。

損害賠償請求を検討する場合は、実際にどのような損害が発生したのかが分かるよう、証拠を準備した上で弁護士に相談するようにしましょう。

静岡弁護士会所属
【当サイト監修】IT弁護士 堀尾 純矢 先生

インターネット関連の訴訟や個人情報の開示請求へ取り組む弁護士として有名。
インターネット上での著作権や肖像権、誹謗中傷などへ力を入れて対応。YoutubeやSNSでの訴訟にも詳しく、他弁護士事務所から相談や依頼者の紹介を受けている。
新しい分野の訴訟問題のため、誰でも気軽に相談ができるよう、LINEによる相談受付を行うなど、その親しみやすさからも支持を集めている。

堀尾先生が所属する
尽心法律特許事務所HP

堀尾先生に著作権について
LINE相談をする

堀尾先生に著作権について
電話で問い合わせる